振袖

振袖に似合う髪型

新着情報

◎2017/11/30

振袖を着るタイミング
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

振袖に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

レトロで可愛い振袖
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

時代によって変わる振袖
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖に似合う髪型
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

若者に人気の振袖デザインとは
の情報を更新しました。

「振袖 歴史」
に関連するツイート
Twitter

RT ママーー!!(一回言ってみたかった) 女形さん好きなんだ。改めて凄いよね。 震えるようなか細い声とか……。 二部、振り袖だったしあれ娘の舞みたいな感じなんですか。 分からん…でも美しかった……。 北条の紋っぽいと思ったらほんとに北条だったぽく? しかし歴史音痴には関連が分からん…。

Twitter霧島❖7/14西4L45aなるへ@kiri9990

返信 リツイート 昨日 21:42

学生時代は黒歴史しかないし成人式全然たのしみじゃないけど一目惚れした振袖きて理想の髪型できるからたのしみ(TωT)❤︎ pic.twitter.com/O7IOhSxYTs

成人式の髪型が決まらないから、 前撮りが出来ない(笑) 痩せなきゃ 振袖姿が黒歴史化しそう、、、😭 #眠いんだけどって顔 #2019年7月13日 pic.twitter.com/0fOpoTzl4V

返信先:@Yachiyo_xxx歴史というか…地元、真夏の暑い日に成人式なんですよ…振袖も着られない成人式なんて言っても無駄って、家で扇風機にあたりながら寝てました(笑)成人式しなくても大人は大人です!✨

返信先:@miihoshi1205 祈りの花はそりゃあ専用曲ですからねー笑 桜の頃も振袖組で鮮やかなものを見てみたい…!(如何せん当たらない) デレには最近入ってきたので過去の歴史はニコ動を参考にしていますが、初期からの進歩は目まぐるしく…。他に7年続くネトゲとかもやってますが映像技術の進歩って本当凄いと思いますね…!

Twitterリュカ@7th名古屋行きたい@zry0703

返信 リツイート 7/11(木) 8:48

日本人の長い歴史の中で昭和のある時期だけにおこった価値観をいまだに押し付けるのはどうかと思う。多くは企業のステマだったり企業の社員評価のしくみだったり。成人式の振り袖とか高級腕時計をはめるとか、結婚したり家を買った人を高評価するとか。みんな企業の奴隷なのか?

成人式に振袖で行ったとか周りから見れば 黒歴史かもしれないけど うちはそれを誇ってるからねー わーちゃまのは立派な自分のアイデンティティさね

返信先:@2lSEzxsAcfJKZUC 娘ちゃん💜20歳おめでとうございます。 素敵な振り袖姿ですね😍 娘ちゃんの20年って事はママにもその歴史があるって事で、ゆーちゃんもおめでとう😙💕

Twitter💜オッシー🐥💜@ichigoda32

返信 リツイート 7/5(金) 6:31

私の黒歴史でてきた。振袖アンビバレント() pic.twitter.com/N0FIaeU0wm

Twitterななか◢͟│⁴⁶🔅@Nanaka_hrgn46

返信 リツイート 7/3(水) 21:10

アメブロを更新しました。 『歴史のヒロインテーマの振り袖 刺しゅう作家・草乃しずかさんの個展 中日新聞 マリー・アントワ』 #草乃しずか #嵐のワクワク学校 ameblo.jp/zokukokon/entr…

時代によって変わる振袖

時代によって変わる振袖

振袖と言えば未婚女性が着るものという一般常識は知っていても、それが時代によってどのように変わってきているのかということまでは、知らない人の方が多いでしょう。
そもそもこの着物が初めて登場したのはそれほど古くはなく、江戸時代に入ってからだと伝わります。
当初は、童女や未婚女性が着る、振り幅のある長い小袖というくくりで発生しました。
この当時風習として存在していたのは、18歳くらいまでには元服し、袂を切り、振りを縫って留袖にしてしまうというものでした。
つまり、留袖=既婚者という図式が当初からあったわけではなく、ただ、この当時の女性は18歳になる頃には結婚していて当然という風潮でしたので、自然と、振りのある袖は未婚者、留袖は既婚者という区分けが為されるようになっていったと考えられます。
さて、その後ですが、1800年代初頭・享和から文化の頃には、留袖と歩調を合わせるように帯の幅が広がっていきます。
留袖同様、帯などの使用に伴い、オシャレ着として急速に町人などにも振袖が広がっていきました。
また、初期の頃は、現在で言うところの留袖のような形をしていました。
時代の流れによって、これらは本来の意味から離れ、袖丈の長さで区別し、長いものを振袖、短いものを留袖と呼ぶようになったわけです。
ちなみに最初期のものは55cmほどであり、現在の一般的な振袖の110cmと比べると半分ほどしかありませんでした。

大きな節目に着る振袖の歴史

戦前は、日本人が着物をきているのが当たり前であったわけですが、戦後洋装化が進み、また、着物を着ることが特に女性の場合手間が掛かるということもあって、現代日本人の間では、日常生活で着物を着ることはほとんどなくなりました。
それでも、例えば夏祭りなどでは浴衣姿になったりということはありますが、それ以外はやはり洋服を着るのが当たり前で、着物を着るのは、それこそ人生の節目と言えるような、例えば、卒業式や結婚式、成人式といった時くらいとなりました。
ただそのかわり、そういった節目の行事の際には、家族で気合を入れて娘を美しい振袖姿に着飾るというようなことが一般化してきており、毎年成人式を伝えるテレビのニュースなどでも、艶やかな着物姿の新成人達を見ることが出来ます。
そもそも振袖の歴史は江戸時代から始まり、最初期には子供や未婚女性が着る振り幅のある長い小袖という認識でした。
この頃風習として存在していたのは、女性は十代後半までには元服をして、袂を切った上で振りを縫い、そこから袖丈一杯に留袖をするといったものです。
その後、1800年代初頭頃、オシャレの一環として帯の幅が広がっていきます。
これは、振袖に限らず留袖も同様で、恐らくこの時代には母と娘で仲良く呉服屋で品定めする姿が日本中で見られたことでしょう。
現代と違って、その頃の振袖は堅いものからどちらかと言うとカジュアルなものへと変容していったわけです。