振袖

振袖と髪型

新着情報

◎2017/11/30

振袖を着るタイミング
の情報を更新しました。

◎2017/9/6

振袖に合う髪型とは
の情報を更新しました。

◎2017/7/21

レトロで可愛い振袖
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

時代によって変わる振袖
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

振袖に似合う髪型
の情報を更新しました。

◎2017/1/23

若者に人気の振袖デザインとは
の情報を更新しました。

「振袖 色」
に関連するツイート
Twitter

和装でなんかしてくれるならこちらも着物着て行きたい…(着物好きだから着物を着るきっかけが欲しいだけ) もう振袖着れんけど、私の着た振袖(母の)はそれはそれはキレイなオレンジなんだよ…。私似合ってたよ← 帯揚げ緑だったから倉丸ちゃんな配だったな。そういえば。

前撮りの髪どうしよ、 とりあえず前撮り関係なしに今、オレンジにしたい。 オレンジ髪に緑の振袖って合わないかな、、、分からんよ、、無理。

今日勤務先で髪の話になって、振袖に合わせて私黒髪に寄せたんだけど八方美人先輩が「でも黒にするとすぐ明るくしたくなりません?」とか「私童顔だから黒髪にするとー」言ってたんだけど遠回しにディスられてたんかなハナホジ

Twitterシヴァンヌ⌘@vioblue_9

返信 リツイート 0:45

返信先:@TV3EvAMxBjZiVOK すごい…あいちゃんかわっ…😭✨✨✨振袖もすごくきれいっ!!がよい💟

RT @39saku_chan: 今回の振袖は、私がカタログモデルをさせて頂いている蜷川実花さんプロデュースの一蔵さんの振袖です☺️ 蜷川さんらしい鮮やかで、派手やかな振袖を着られて、心が踊りました✨こんなに素敵な振袖で、成人式を迎えられて幸せです☺️❤️ #成人式 http…

統一してアイライン付けた🙃 もうほんとかっこいい🥰 早く振袖姿で撮りたいな🌸 pic.twitter.com/SAEVCs148e

舞台は山奥の禅寺。 あの中禅寺すら知らない、存在しないはずの寺。 雪山。黒い寺。そして無彩の僧侶達。 モノクロの世界の中、たった一人鮮やかな振袖の童女が唄う。 そんな山中異界の中で起こる、連続僧侶殺人事件。 文章なのにこの彩から感じる異様さ。異界感。すごいなぁ。怖いもんなぁ。

前髪をちょこっと切りました☺︎ 成人式の前撮りに向けて髪のも 相談してきた🎀 れいなの振袖姿みたい??? pic.twitter.com/yI5o6sApMb

Twitter佐藤麗奈(さとう れいな)~10/22 ソロライブ~@satoreina0105

返信9 リツイート3 昨日 20:51

返信先:@ryoko_abc 振袖めちゃめちゃにありだと思いますよ! ただ、最近はドレスの人が多いのでちょっと浮くかもです、、、 花嫁さんとが被らなければOKだと思いすよ♪ あと、祝儀も、お札の枚数が奇数とかもあります!

Twitterくろてゃん卍🗽🔥@鍛緑とコカボムの女@kuro_unichan

返信 リツイート 昨日 20:29

返信先:@OXVKV1rDiZm8FEr ロングのウイッグで振袖に合わせて染めるとかもできると思います。

振袖の色の意味について

振袖

振袖は毎年流行色や柄がありますが、昔から振袖の色には大きな意味があるのです。
色の意味を知って振袖を選ぶのも良いかと思います。
スタンダードな感じの赤系には厄除けの意味があります。
邪になるものを遠ざけて、幸せを呼びこむ意味合いがあります。
赤系でも紫がかったものから鮮やかな紅まで様々な種類があります。
次に良く目にするのはピンクなどのパステルカラーです。
女性らしさの意味があります。
ここでの女性らしさとは、母性愛や癒やしてくれる優しさのことです。
青系は健康を意味します。
昔は布を青く染めるために、薬草として利用されていた藍を用いたことから由来しています。
紫系は優雅さや高貴さの意味があります。
飛鳥時代や平安時代では、紫は高貴な身分の人しか見に付けることができなかったからです。
紫系は日本人に似合うと言われているので、振袖の中でも人気があります。
黒は現代の女性にぴったりな、意志の強い女性の意味があります。
意志をしっかり持った芯の強い女性は、男女問わず頼りにされ親しみを持たれます。

振袖を着るときのマナー

振袖は毎年流行色や柄がありますが、昔から振袖の色には大きな意味があるのです。
色の意味を知って振袖を選ぶのも良いかと思います。
スタンダードな感じの赤系には厄除けの意味があります。
邪になるものを遠ざけて、幸せを呼びこむ意味合いがあります。
赤系でも紫がかったものから鮮やかな紅まで様々な種類があります。
次に良く目にするのはピンクなどのパステルカラーです。
女性らしさの意味があります。
ここでの女性らしさとは、母性愛や癒やしてくれる優しさのことです。
青系は健康を意味します。
昔は布を青く染めるために、薬草として利用されていた藍を用いたことから由来しています。
紫系は優雅さや高貴さの意味があります。
飛鳥時代や平安時代では、紫は高貴な身分の人しか見に付けることができなかったからです。
紫系は日本人に似合うと言われているので、振袖の中でも人気があります。
黒は現代の女性にぴったりな、意志の強い女性の意味があります。
意志をしっかり持った芯の強い女性は、男女問わず頼りにされ親しみを持たれます。